家事をしながらのスロージョギングでダイエット

【投稿者】うめこ様(54歳、女性)

更年期に突入し、明らかに代謝が悪くなったようです。
同じ量を食べ、同じような運動量でも、体重が増えてきました。

この前まで履けていたスカートが入らない‥。
お風呂に入ると、お湯が以前よりたくさん溢れます。
少ないお湯で済むので、節約にはなるけれど、手放しで喜べることではありません。

「これは何とかしなければ」と思いました。
とは言え、ジムに通う時間もお金もナシ。

そこでやり始めたのが、その場で足踏みすること。
野菜を切りながら、食器を洗いながら、ずっと足踏みをします。
運動と呼べるほどのものではありませんが、やらないよりはマシです。

これなら、わざわざ運動の時間を作る必要はありません。
料理しながら運動ができちゃう良い方法だと自画自賛していました。

ただ残念なことに、「見る見る痩せた!」とまではいきません。
一昨年から続けていましたが、ダイエットというより、これ以上の体重増加を食い止めたと言う程度。
「やらなければ、もっと太っていたに違いない」
と自分で無理やり納得させながら、やっていました。

そんな時「世界一受けたい授業」で、スロージョギングダイエットのことを知りました。
考案者である福岡大学の田中教授は、この方法だけでメタボ体型を見事克服したそうです。
68キロの体重が52キロまで落ちたと聞いて、私もやってみよう!と思いました。

でも、やる!と言うほどのこともありません。
その場で軽くジョギングするだけ。

足踏みの場合は、片足どちらかが地面に着いていますが、一瞬でいいので、両足とも宙に浮かすのです。
これがポイント。

背筋を伸ばして、肘を軽く曲げる姿勢も大事です。
この姿勢を保ちながら、足の指の付け根で着地するようにします。
歩幅は、自分の足の大きさの半分くらい。

田中教授曰く「一瞬でも足が宙に浮くので、歩くのに比べカロリー消費量が倍になる」とのこと。
1日15分程度でも効果があるそうです。
これはトータルで15分であれば良いそう。

15分って結構長いから、続けて15分はキツイです。
でも細切れでいいなら、運動嫌いの私でも続けられます。

テレビではアナウンサーの男性も挑戦していました。
社内の移動はもちろん、コピー機の前で待っている時にもやっていたそうです。
そのおかげで、体重は4キロ減り、ウエストも4センチ細くなっていました。

ビフォーアフターが出ていましたが、みんな明らかに違います。
たるんだ身体が見事に引き締まった身体に!
見た目だけじゃなく、内蔵脂肪も大幅に減少しています。

この放送を見て以来、ずっとやっています。
歯磨きしながら、野菜を切りながら、食器を洗いながら、スロージョギング。

おかげで2キロほど減量できました。
食べる量は、最近はむしろ増えています。
それでも痩せたので、効果は明らか。
食事も改善すれば、もっと効果があるかもしれません。

お金もかからず手軽にできるスロージョギングダイエット、おすすめです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ